Thanatology

​〜 看取り士としての活動 〜

 介護士として長く勤め、多くの方のお看取りをさせて頂いた経験から、「死」とは怖く冷たく忌み嫌うものではなく神聖なもの。命や自然、人間について、色々教えて頂ける尊い機会ということを知りました。人を丁寧に看取ることは、見送られる人だけでなく、見送った人にとっても深い充実感をもたらし、命そのものを輝かせてくれます。

 しかし今の世は「老・病・死」に対する不自然な固定観念が、人の心を貧しくしているとも感じています。「全ての人が愛されていると感じながら旅立てる世の中がいいよね!」という想いの元、同志と共に看取り士としても活動をしています。

法人のHPです。

ワタシの所属するステーションです。